2021年度 会長挨拶

本年度、飯山商工会議所青年部の会長を務めます髙柳と申します。よろしくお願いいたします。また、日頃より当会に暖かいご支援とご協力を賜っておりますことに対しまして重ねて御礼申し上げます。

さて、昨年より猛威を振るった新型コロナウィルス感染症は、未だ終息を迎えておりません。このコロナ禍の中で青年部会員の皆様におかれましては、日々難しい経営判断を迫られている最中であると思います。当青年部と致しましても、感染拡大防止と皆様の安全を確保することが最優先であると考えております。ワクチンの普及による収束という希望も見えてきてはおりますが、厳しい状況が続く可能性もあり、このような状況下では例年同様に青年部活動を実施することは困難かもしれません。しかし、このような時だから出来る事、やらなければならない事を模索し、皆で一丸となり、飯山を盛り上げていきましょう。

『飯山を元気な活気ある街にしたい』この思いは青年部活動を行う上での根幹であり、この飯山で家族を養い商売を続けていくには、地域が疲弊していては決して叶いません。また、深刻な人口減少は、街の賑わいの喪失や地域経済を衰退させる大きな課題です。  当青年部においても、会員数の減少という問題に直面しており、将来を見据えた部員拡大、組織改革に本腰を入れて取り組んでいかなければなりません。行政や他団体、地域住民と連携し、このような問題に正面からぶつかっていき、活気ある組織にしていきましょう。青年部活動を通し地域に深く関わることは、次世代を担う青年経済人としての成長の場になるはずです。地域の為に活動することで自らの成長につながるそんな組織を目指します。

また、我々の活動で忘れてはならないのが「いいやま雪まつり」です。今年度開催となれば実に40回目を迎える冬の一大イベントです。今年行われた第39回いいやま雪まつりでは、他のイベントが軒並み中止とする中での開催となり、規模縮小を余儀なくされる中、大変多くのお客様にご来場いただき、いいやま雪まつりはコロナ禍での沈んだ空気を一掃する事が出来る素晴らしいイベントである事を証明して見せました。また、メーン会場を無くしたことにより、市内各所への人の流れが生まれ、各商店街の皆様や地域の有志の皆様などの協力により、街中が活気で溢れ、地域の皆様に喜んでいただける新しい雪まつりの形が見えてきたのではないかと思っております。

「負担である雪を資源と捉え、雪と遊び、親しみ、共存することで地域活性化を図り、魅力ある雪国を実現していく」この想いを胸に、我々らしい雪まつりを創造していきましょう。

最後に、この飯山商工会議所青年部に入り皆様と出会い、かけがえのない仲間を得られたことで、自らも成長することが出来たと思っております。飯山商工会議所青年部は一人一人の気持ち次第で多くのメリットを得られる、そんな素晴らしい団体だという事を  忘れずに、皆で楽しみながら活動を進めていきましょう。

一年間、精一杯頑張りますので皆さま方のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

飯山商工会議所青年部
会  長  髙柳 宏章

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です